平田記念館

昨日は、市民無料公開日。
画像
たくさんの施設が公開されていましたが、範囲が広すぎてすべて廻れませんでした。
私が見させていただいたのは、8カ所。
写真が撮影出来ない施設は、しっかり目に焼き付けてきました。
平田記念館は、打保屋と呼ばれる名家。
ろうそくや鬢付け油を商いされていたそうです。
初めて中に入りましたが、お庭も立派、部屋も品格があります。

画像
ろうそくを商いされていたためか、灯りについての展示が目を引きました。
提灯、行灯など、電気を使わない灯り。
とても暖かな気持ちになりました。
他にも、地図の展示があり、かつての大阪、江戸、名古屋などがこんな風だったのか?と驚かされます。
もちろん飛騨の地図も展示。
朝早かったためか、入館者が少なく、じっくりと館内を楽しめました。
平田記念館の2階から、お隣の二木酒造が見えましたが、いつもと違った風景で新鮮でした。

↓↓ランキングに参加しています。ポッチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ(こちらをクリック)

ひだ舟山スノーリゾートアルコピアスキー場 はこちら


ひだ道ガイドはこちら

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です