ススキ

本当に涼しくなりました。
妻が旅行から帰ってきて、第一声が、
「寒くなったんじゃない?」でした。
画像
植物は、それを敏感に感じ取るのでしょう。
ススキが、あちらこちらで一斉に穂を出しています。
イネ科の植物は、「植物珪酸体」を作ることが知られています。
古代遺跡で、この植物珪酸体を調べて稲作の推測に使われます。
「植物珪酸体」は、プラントオパールと呼ばれます。
本によると、ススキをたくさん集めて完全に燃やし、
灰を集めて空き缶などに入れて高温で加熱するとガラス玉ができるとか。
大きなガラス玉を作るのは容易ではなさそうですが、
やってみたいと、興味がわいてきますね (^^♪

↓↓ランキングに参加しています。ポッチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ(こちらをクリック)

ふれいばぁ舟山 はこちら


ひだ道ガイドはこちら

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です