トマトの漬物

高山市民時報社の記者が来訪。
画像
先日、トマトの漬物が販売されることを報道機関の皆さんにお知らせしたところ、いち早く取材に来ていただきました。
早速、杉本さんのお宅に電話すると留守。
ご主人は、病院に、奥様は畑に出かけられていました。
おじいさんが応対に出てくださり、山梨地区でトマトが作られるようになったいきさつなどを聞かせていただきました。
画像
道の駅なぎさで販売されているので記者はそちらへ直行。
実際に、トマトの漬物を試食されて行かれたようです。
おかげで、高山市民時報の1面に大きく取り上げていただきました。
お味ですが、あっさり味。
でもしっかりと歯ごたえがあるので、食べ応え十分。
健康志向の消費者を意識し、薄味で、うまみを深める工夫をしてあります。
若い方には、サラダなどにして頂く方がいいかも?
「久々野の名産品に育てたい!」
杉本さんにはそんな意気込みで製品化。
ぜひみなさんも味わってください。
道の駅なぎさの、お土産品売り場の冷蔵庫においてあります (^^♪

↓↓ランキングに参加しています。ポッチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ(こちらをクリック)

ひだ舟山スノーリゾートアルコピアスキー場 はこちら


ひだ道ガイドはこちら

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら

「トマトの漬物」への2件のフィードバック

  1. 先日 お蕎麦屋さんの付け出しのお漬物に柿の お漬物が出ました。 これもなかなかのものでした。 トマトのお漬物昨年 戴きました。 うん…おいしかったですよ。 特産品として 売れるといいですね。

  2. nezumamaさん
    柿のお漬物。
    こちらも珍しいですね。
    昨日は、中日新聞の記者が取材に来られました。
    一切れ味見していただくつもりが、何切れも試食されました。
    漬物のトマトは、中から赤くなるそうです。
    ほんのりメロンのような味わいでした。
    今年は、試験的なので数がたくさんできません。
    おそらく12月中旬で売り切れ御免となりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です