美味しそうにしかみえません。

あと、5日で鮎漁解禁(6月20日)。今日は試し釣り。久々野の精鋭たち6名の腕の見せ所!!

去年より大きいそうです。養殖と天然の鮎は色も形も違います。住んでいる所の色や食べるもので違ってくるそう。で胸鰭の下の黄色い色が濃いほど縄張り意識が強いらしい。

清流益田川は水がきれいです。他にあじめどじょう、かじかという魚が住んでます。水の美しい所しかいないそうです。
早く、食べたい!!


ウルトラマラソン大会

6月10日、ウルトラマラソン大会が開催されました。エイドステーション「美女高原」でランナーのみなさんを応援。当日は雨の予報でしたが、美女高原を通過する時間帯は曇り。道の駅なぎさの特産品、りんごジュースとりんごげんこつでおもてなし。バナナのカット作業が忙しくて、シャッターチャンスを逃しました。

キバナノヤマオダマキがきれいです

wikipediaには、「苧環(おだまき)とは、昔、カラムシ(苧)やアサ(麻)などの繊維を巻いた管のことで、距が伸びた花のようすが似ているためつけられたものであり、山に生えるのでヤマオダマキ(山苧環)という」と紹介されている。



どうやら一般的には、距といわれる角が4つ突き出た頭の部分が赤紫色の花のよう。
しかし、飛騨では黄色い花が多いように思う。
見れば見るほどユニークな花である。

距の部分に蜜があるため、この花を訪れた昆虫は花の奥深くに潜り込む。
すると全身花粉まみれになり、花の受粉を助ける。
よくできた構造になっていて感心させられる。

飛騨地方では、この花を「狐の提灯」と呼ぶところもあるよう。
まるで花が提灯のように見えることからそう呼ばれるようになったのだろう。
この時期は、身の回りに結構ユニークな花が咲く。
なんでだろう~ (*^-゚)vィェィ♪


↓↓ランキングに参加しています。ポッチっと応援お願いします。

飛騨高山情報


ひだ道ガイドはこちら

アマゴ釣り大会!!

5月5日、高山市久々野町の益田川上流(特別区域)にて、毎年恒例のアマゴ釣り大会を開催しました。晴天に恵まれ、取れ高も上々のようでした。今年参加出来なかった方、是非来年のご参加をお待ちしてます。ちなみに賞品には飛騨牛も…。

入賞者は以下のとおり。(敬称略)
一般男子の部
氏名 住所 計量結果(g)

1位 島田 修一 堺市 1170

2位 今井 富一 岐阜市 1134

3位 安田 利夫 瀬戸市 1077

4位 鈴木 廣義 島田市 993

5位 中島 吉紀 鈴鹿市 971

一般女子の部
氏名 住所 計量結果(g)

1位 松井 のり子 豊橋市 748

2位 平田 香千代 岩倉市 656

3位 中島 奈美子 土岐市 251

4位 伊藤洋子 瀬戸市 235

小・中学生の部
氏名 住所 計量結果(g)

1位 青山 武大 春日井市 750

2位 中島 和俊 土岐市 648

3位 丸山煌 高山市 551

4位 中島 大輔 土岐市 503

5位 山下 彩心 高山市 450

アルコピアの小学生が大活躍

今日、久々野小学校の5,6年生のみなさんがアルコピアへやってきました。


目的はアルコピア・クリーン作戦。冬にお世話になった感謝をこめて、ゲレンデを大掃除。作戦の成果はおおきなゴミ袋45リットルが5つから6つ。大成功です。ありがとうございました。