スノーハイク in上高地 本番編

昨日、名古屋から上高地スノーハイクのツアーに行ってきました。
参加者40名。
朝、8:30本郷-11:15平湯-11:30釜トンネル-12:30大正池
15:00釜トンネル-7:00本郷  というタイム。
朝、久々野を出発したときは「雪」。
天気は「あまり良くないでしょう」という私の読み。
しかし、同行のインタープリターは「快晴で穂高まで一望!」
と参加者に告知してしまった。
下見のときは、快晴で絶好のロケーションだったから良かったものの、
参加者が期待しすぎて、失望感が増大しすぎたらどうしようと不安に
駆られる私。
しかし、ひるがの付近では「白山」がクッキリ!」
参加者の期待は益々高まるばかり・・・。
前方、高山方面にはかなり雲がかかって来た。
快晴と豪語していたインタープリター。
「やばいな。あまり期待をかけすぎっちゃった。」と私に小声で・・・。
清見ICを過ぎて長いトンネルを抜けると、なんと
乗鞍が見えた
しかも雲ひとつかかっていない。
高山ICでは、穂高、笠、黒部五郎までクッキリ見えるではないか。
平湯で参加者は身支度を整え、いざ出発。
斜度11度の釜トンを、息を切らし上ったその先に
焼岳が見え全員感激!
大正池では、穂高が一望。
画像
絶好のロケーションでランチ。
(といってもおにぎりやサンドイッチだけど)
穂高、焼岳、大正池、カモたちといったスパイスが振りかかったランチは
最高だった。
焼岳バックに記念撮影
画像
帰りの車中では、さすが「晴れ男」
参加者から同行のインタープリターは絶賛されていた。
そう、彼は催行するツアーすべてが晴れる特異な能力を持ち合わせているのである。
その能力を改めて感じ、敬服する私であった。
ちなみに下見のときも彼が一緒でした。
その時の様子はこちらで。
このツアーで同行したインタープリターのブログもご覧あれ!
このブログをご覧の方で、「冬の上高地にいってみたい」という方がいらっしゃったら
この「晴れ男インタープリター」をご紹介いたしましょうか?
でも久々野の宿に泊まっていただける方がいいな~。
なぜなら、私はひだ桃源郷くぐの観光協会に籍を置いているから(^^♪
国道41号線情報(飛騨道ガイド)はこちらから
http://www.takayama-nh.go.jp/cctv/cctv_index.html
アルコピア情報はこちらから
http://www.hida.jp/arkopia/index.shtml

久々野 寒い朝

2月20日も、ブログに紹介しましたが、
久々野は霧氷がとてもきれいなところです。
しかし、今年はあまりきれいではないですね。
写真は、今朝の飛騨川沿いの景色。
(小屋名付近)
画像
昨年は、木についた霜が2~3cmに成長していましたが、
今年は1mmにも満たない。
もう春です。気温も暖かくなってきたので、
素晴らしい霧氷の景色はもう無理か・・・。
国道41号線情報(飛騨道ガイド)はこちらから
http://www.takayama-nh.go.jp/cctv/cctv_index.html
アルコピア情報はこちらから
http://www.hida.jp/arkopia/index.shtml

スノーハイク in上高地2

明日、上高地に出かけてきます。
天気の良いことを願って・・・。
下見に行った日はとても天気の良い日でした。
平湯からタクシーで釜トンネル入り口まで行き、
徒歩で大正池までおよそ1時間。
突然、目の前に穂高が!!

画像

焼岳は、噴煙を上げていました。

画像

最後に定番の写真を撮って帰ってきました。

画像

明日、天気が良いことを願うばかりです (^_^;)
国道41号線情報(飛騨道ガイド)はこちらから
http://www.takayama-nh.go.jp/cctv/cctv_index.html
アルコピア情報はこちらから
http://www.hida.jp/arkopia/index.shtml

冬晴れの久々野の朝

昨日、今日と結構冷え込みましたね。
久々野の飛騨川河川公園のあたりで霧氷現象が見られました。
例年に比べると、霧氷の成長はたいしたことはありません。
しかし、近くを走る県道87号沿いから見ると
木々が輝いてとてもきれいです。
もっと冷え込みが厳しくなると、遅くまで霧氷が残っていますが、
今朝程度の冷え込みでは、あっという間に消えてしまいました。
冷え込みが厳しくなって、もっと凄い写真が取れましたら、
ご紹介したいと思います。
写真は、反保橋付近の様子です。
画像
画像

国道41号線情報(飛騨道ガイド)はこちらから
http://www.takayama-nh.go.jp/cctv/cctv_index.html
アルコピア情報はこちらから
http://www.hida.jp/arkopia/index.shtml