ウニのなる木?

怪しげなタイトル。
画像
実物がこちら。
おそらくヒメコウゾだと思いますが…。
和紙の原料となるコウゾは、カジノキとヒメコウゾを交配させたもの。
ですが、この木はさほど大きくならないようで周りを見てもどれも2~3m。
コウゾは雌雄別株のようですが、葉も出たばかりなので比較出来ませんので自信がありません。
ウニのように見えるのが雌花。
赤い糸のように見えるのが花柱。
かつては久々野でも和紙が作られたことがあると聞いたことがあります。
葉が3列に分かれる個体もあり、「なるほどクワ科!」と思わせるようです。

↓↓ランキングに参加しています。ポッチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ(こちらをクリック)
地域ネット

ふれいばぁ舟山 はこちら


ひだ道ガイドはこちら

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら

「ウニのなる木?」への2件のフィードバック

  1. 「へ~」です! なんとも世の中には まだまだ知らない「面白いもの」があるもんですね~
    気をつけて歩こうと思いますb(^v^)d

  2. katomomoさん
    無数河にもあるんですよ!
    アルコピアへの登り口。
    久々野選果場横の浄化センター脇で見られます。
    車に乗っていて観察できますのでご覧あれ(^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です