ジビエ料理

フランス語で、「狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣である」
画像
ウィキペディアにはそう記述されています。
そのジビエを味わうイベントがモンデウスでありました。
「覗いて下さい」
というお誘いを受けたので、軽い気持ちで現地に。
NPO法人ひだ位山ふるさと学校のみなさんがスキー場の一角にテントを設営。
ちょうど仕込みが終わった所でした。
「味見してみれば!」
頂いたのが、写真のしし鍋。
豚肉に似ていますが、もっとコクがある感じ。
臭みは全くありません。

画像
他にもエゾシカやイノシシをサラミにしたもの。
イノシシの肉などが用意されていました。
参加者の皆さんは、森を散策し、動物の足跡を観察。
しし鍋で暖まったようです。
それにしてもおいしいしし鍋でした。
モンデウスの名物となればいいなと思っています (^^♪


↓↓ランキングに参加しています。ポッチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ(こちらをクリック)
地域ネット

アルコピアと愉快な仲間たち のブログはこちら


ひだ舟山スノーリゾートアルコピアスキー場 はこちら


ひだ道ガイドはこちら

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら

「ジビエ料理」への3件のフィードバック

  1. 孫2人連れて参加。 シカ肉が 柔らかくいっぱい 試食いたしました。 それにしても ニホンシカの繁殖振りは すごいらしいですね。 美味しい餌(牧草)を食べるとなんと1年で 子供を産むようになるとか。 これはやはり 食用として もっと利用するしかないでしょうね。講師の猟師さんのお話…有意義でした。
    かんじきはいての散策は 孫たちは大喜びで跳ね回っていましたが{%笑いwebry%} 私は疲れました。{%トホホwebry%}

  2. mamanezu さん
    かんじきは、普段の歩幅より違った感じで歩かなければなりません。
    先日、履いて歩いた時は、軽い筋肉痛になりました。
    ジビエ料理はいかがだったでしょうか?

  3. ジビエ料理  美味しくいただきました。 さばきかたが じょうずだと 臭みが出ないそうで 孫は鹿肉 牛と言われてもわからないねと。お土産にしか肉をいただき 帰宅してシチューに。 友人にもくばりましたが 好評でした。 カモシカとニホンシカの肉の味 区別つきませんでした
    イノシシ肉  これもいけましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です