江戸街道7 (美女峠(終))

今週末からもう夏休み。
ついこの間、ゴールデンウイークが終わったばかりと思っていましたが、
時間の経つのが早く感じられるようになったのは、
年のせい!?それとも仕事が増えたため!?
画像
さて江戸街道。
美女高原の少し南寄りに、道が続きます。
標識が目印。
道は、沢沿いにつけられています。
さらさらと音をたてて流れるせせらぎが心地いい。
まるで滑り台のような岩の上を、水が流れていきます。
ここを下ると、朝日町見座。
画像
ふもとまで降りると、ほっとした気分です。
いわれが書かれた案内板が設置してありました。
「うば坂」というんですね。
美女高原の案内板には「木曽街道」とありましたが、
ここでは「野麦街道」とあります。
どちらの案内板も、合併前の朝日村が建てたもの。
街道の名前が違うのは何故?
地元の方が、いろんな愛称で呼んでいたからでしょうかね?
江戸街道は、現在の東京まで延々と続いています。
美女峠を歩くところはこれで終わり。
江戸幕府の役人が通った道。
諏訪の製糸工場へ通った、女工哀史の道。
いろんな思いで歩くと、感慨ひとしお。
いいウォーキングコースでした。
ここからは、国道361号となり、阿多野郷へ向かい、
野麦峠、日和田へと2つのルートに分かれます。
このルートは、何箇所か残っていますが、廃道になったところが多いようです。

↓↓ランキングに参加しています。ポッチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ(こちらをクリック)

アルコピアひまわり園 花便り はこちら


ふれいばぁ舟山 はこちら


ひだ道ガイドはこちら

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です