トロピカルフルーツ栽培を体験しよう

今朝は、「かってこ」に近い雪の状態です。
「かってこ」とは、積もった雪が冷えてカチカチに凍った状態。
人がその上を歩いても雪の中に足が沈みません。
冷え込みがそんなに厳しくなかったのですが、
雪の表面は軽く凍っています。
昨日、ふるさと体験飛騨高山さんが久々野小学校に来られました。
「トロピカルフルーツ栽培を体験」の企画を紹介するため。
画像
奥飛騨温泉郷でドラゴンフルーツを栽培しているところへお邪魔して、
小学生に実際に見ていただき、地元の自然や農業にふれていただく機会にして欲しい思いから。
ドラゴンフルーツ
中央アメリカなどの熱帯地域が原産で、
赤や黄色などの楕円形の果実には、ビタミン、繊維、ブドウ糖、ミネラルを多く含む植物。
国内では沖縄などの一部地域で生産されています。
奥飛騨では、温泉熱を利用して、厳寒の冬でもドラゴンフルーツが育っています。
小学3年生から6年生までが対象。
定員40名です。ぜひこの機会に子どもさんにいろんな体験をして欲しいです。
参加費500円(保険料など)
締め切りは1月26日(月)

↓↓ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ(こちらをクリック)
ひだ舟山スノーリゾートアルコピア情報はこちらから

ひだ道ガイドはこちら

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら