有道しゃくし制作しています

毎年、1月24日は高山市の「二十四日市」です
かつては、年の瀬の市で、年越しの道具や食品を扱っていました

今は、1月になってからの市で生活用品などを買い求める人で賑わいます

久々野から「有道しゃくし」という木杓子が販売されます
朴の木を加工し、1本の木っ端から鉈と鋸、出刃包丁で手作りした杓子は扱いがいいと喜ばれます

「波」と呼ばれる模様が杓子に刻まれ、すくった物が煮崩れしにくい特長があります


今日は、有道しゃくし保存会の皆さんが講習会で作品作りに取り組んでいました
手作りですので1つ1つ形も大きさも違います
いい物から早くなくなるので、二十四日市へはお早めにお出かけください


↓↓ランキングに参加しています。ポッチっと応援お願いします。

飛騨高山情報


ひだ道ガイドはこちら