カタクリが見頃です!

春ですね!
片籠地区のカタクリが見頃を迎えています。



朝早くは、花びらがまだ開いていませんが、お昼過ぎには花弁が反り返りまるで籠のようです。
片がった籠から昔はカタカゴと呼んだようです。
地名もここから来ているそう。
しばらくは見られそうなのでお早めに!
ただ咲いているのは、私有地ですのマナーを守ってくださいね (^^♪


↓↓ランキングに参加しています。ポッチっと応援お願いします。

飛騨高山情報


ひだ道ガイドはこちら

桜咲く!

今年の春は、3月が非常に暖かな日が続きましたね。



各地で桜の便りが聞かれて、「うらやましいな~!」と思っていました。
久々野では4月下旬に桜が咲き始めるので、どこか違う地域の話に感じるのですが、
今年は、例年より10日以上も早く咲き始めて満開に近い桜もあります。


↓↓ランキングに参加しています。ポッチっと応援お願いします。

飛騨高山情報


ひだ道ガイドはこちら

金平糖の様な花が咲く!

まるで小さな花火か金平糖!



そんなユニークな花を咲かせています。
その花の名前は「セリバオウレン」

葉の形がセリの葉に似ていることから名付けられています。
飛騨地方では春一番に咲く花です。

今年は雪が少なく、昨年より早く花を咲かせたようです。
「いつから咲き出したんでしょう?」
昨日、新聞記者に尋ねられて初めて咲いていることに気づきました。

あと2週間くらいは見ごろが続きそう。
咲いているのは、大西の熊野神社の敷地内。
あと1週間もすると白いジュータンを敷きつめたように真っ白になることでしょう。


↓↓ランキングに参加しています。ポッチっとクリックお願いします。

飛騨高山情報

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら


ひだ道ガイドはこちら

おひなさまが1000体以上展示されています

今、高山市では「飛騨高山ひなまつり」が行われています

江戸時代からの古いものや豪華な御殿飾りなども見られ、普段入れないところへお邪魔できるのもこの時期ならではです。

久々野公民館には、飾られなくなったおひな様を譲り受け、飾られています。
何年も経過し、飾られる人形の数が多くなりました。

今年は1000体を超えたそうです。
飾る所に困り、段数を増やしたり、貸出する部屋の中にも飾ったりと大がかりです。

入館は無料。
3月24日(土)には、「がんどうち」が行われます。
これは飛騨に伝わる風習で、子どもたちが家々をまわり、
飾られたおひな様を見てお菓子をもらうもの。

午前10時、久々野公民館集合です。
参加無料ですのでぜひご参加ください (^^♪


↓↓ランキングに参加しています。ポッチっとクリックお願いします。

飛騨高山情報


ひだ道ガイドはこちら