ヤマハギ

昨晩、激しく降った雨が上がり、陽がさしています。
残念ながら、天気はまた雨の予報。
梅雨が明けないまま、夏に突入しそうです。
画像
そんな中、萩の花を見つけました。
萩は、秋の七草のひとつ。
万葉集では数多く読まれた花のひとつ。
欧米と日本では、花についての意識に違いがあり、
欧米では、大きな花を好み、
日本では、萩などの小さな花を大事にすると聞いたことがあります。
萩は、見分けの難しい花で多くの種類があります。
ヤマハギと見分けがつきにくいのがマルバハギですが、
こちらは、花序がヤマハギより極端に短く、葉と同じ程度の長さ。
そこをポイントとしてみると、写真の花はヤマハギのようですね。
萩の語源は、色々あります。
葉が小さい歯牙のようであることから「歯木」。
私が一番だと思うのは、
古株から新芽が生える「生え木」説かな?

↓↓ランキングに参加しています。ポッチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ(こちらをクリック)

アルコピアひまわり園 花便り はこちら


ふれいばぁ舟山 はこちら


ひだ道ガイドはこちら

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら

「ヤマハギ」への2件のフィードバック

  1. 我が家の周りでも 萩の花が咲き出しました。まだ コマツナギのほうが多いのですが 萩が咲き出すともう 秋の気配かと….まだ梅雨も開けないのに…… 萩は生命力 が盛んですね。

  2. 昨日、すくすくスクールでクラフトをしていた時、昼間なのに、ヒグラシが鳴いているのに気付きました。
    曇り空が続き、稲の生育が心配。
    涼しい夏はありがたいのですが、なんだかさみしい気がします。
    萩の生命力はすごいですね。
    草刈りをしても、萌芽してきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です