オオキンケイギク

飛騨川河川公園で黄色い花が咲き始めました。
画像
この花が咲き始めると、「もうすぐ夏!」と感じます。
広報たかやまで、ここ数年この花について
「特定外来生物」として注意喚起されています。
栽培、譲渡、販売などが法律で規制されているからです。
元々は、北アメリカ原産。
明治に観賞用として輸入されました。
適応力があり、強靭。繁殖力が高いため、その生息域が広がっています。
このため、カワラナデシコなどの1年草が少なくなっているようです。
それで環境省は「特定外来生物」と指定しました。
よく似た花にキバナコスモスがありますが、葉の形が違うので容易に区別がつきます。
緑化のために植えられ、その花が私たちを楽しませてくれたのですが…。
「過ぎたるはおよばざるがごとし」ですね。
↓↓ランキングに参加しています。ポッチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ(こちらをクリック)

ふれいばぁ舟山 はこちら


ひだ道ガイドはこちら

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら

「オオキンケイギク」への2件のフィードバック

  1.  いつも楽しみに拝見しています。それにしても、よくよく調べると外来の植物が多いことに驚かされます。

  2. ken さん
    いつもありがとうございます。
    kenさんのブログでもこのブログをご紹介いただき、嬉しく思っています。外来の植物は多いですね。いまいましい!と思うこともありますが、日本の植物も海外で厄介者として扱われることがあるようです。お互い様!?
    う~ん ^_^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です