カキドオシ

垣根をくぐって生えて来るからカキドオシ。
画像
ちょうど今、花の見ごろを迎えています。
4~5月の花の咲いている時期に刈り取り、水洗いして陰干し。
煎じて服用します。
糖尿病によいとされ、副作用がないので気長に続けることが出来るようです。
小さい頃、祖父母が「体にいいから」とお茶代わりに飲んでいました。
独特の苦みと香りがあるのですが「良薬口に苦し」と思い我慢して飲んでいた記憶があります。
カキドオシの別名は疳取草(かんとりそう)
子供の癇(かん)をよく治す薬だからとか。
ということは、私が「かんしゃく」を起こさないように飲ませていたの!?
なるほど~!
では妻に飲ませねば (^^ゞ
↓↓ランキングに参加しています。ポッチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ(こちらをクリック)

ひだ道ガイドはこちら

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です