まゆ雛

高山駅前に「高山祭」ののぼり旗が立てられました。
あと1ヶ月後には「高山祭」なんですね。
ついこの間、春祭りがあったような気がします。
高山市の観光パンフレットで北アルプスの標記が変更されるようです。
「飛騨山脈」が併記されるとのこと。
昨日の市議会で丸山肇議員が提案。
全国的には、北アルプスは「長野県の山」というイメージが強いためとか。
皆さんは、「北アルプスのイメージ」いかがですか?
安曇野で「新穂高はこの近くですか?」と聞かれ、「車で1時間ほどです」と答えると「ええっ!」と驚かれたことがあります。穂高と言う地名も長野にあるので勘違いされたようです。
飛騨山脈と併記されることで、高山に住んでいる私たちも北アルプスにより誇りが湧いてくるといいですね。
昨日、道の駅 モンデウス飛騨位山へ行ってきました。
四季彩ふるさと自然郷ロゴマークの賞品を手配していただいたのです。
その中の1つにこれが入っています。
画像
「まゆ雛」です。
カイコの繭で作られた人形。
一つ一つ手作業で作られるため、それぞれ顔が異なります。
もちろん衣装も違います。
自然素材ですので、温かみのあるお雛さま。
写真のものは枡の中に納められているので方付けも簡単。
画像
その枡に「招福」と書かれ、ひな祭りだけでなく普段も飾っていただけるようにと配慮されています。
送られた方はぜひ大事にしてくださいネ!

ひだ道ガイドはこちら

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら
↓ランキングに参加しています。
↓ご協力をお願いします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ