ノリウツギ

今朝は、シトシトと雨が降っています。
天気が目まぐるしく変わります。
でも湿度は高いようで、昨日も蒸し暑い日でした。
画像
梅雨時の花では、アジサイが代表。
今、私の家の前では、ノリウツギが見ごろ。
名前の由来は、樹液を和紙を漉く際、糊として使ったことから。
かんじきの爪として使うと、材質に粘りがあるので良いらしい。
私の家のノリウツギはもう十数年たっているが、
大きさはあまり変化ないように思える。
日当たりの良いところを好むのか、
葉が茂りすぎると、枝がぽろぽろ取れてくる。
今年も数本落ちた。
画像
白い大きな花弁のように見えるのは装飾花。
実際の花は、小さな5弁の両性花。
まじまじと見たことがなかったが、
アップにするといとおしい花だと感じる。
ただ、香りは好き嫌いが分かれるところ。
皆さんはどっち?
実際に香りを嗅いでみてください (^^♪

↓↓ランキングに参加しています。ポッチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ(こちらをクリック)

アルコピアひまわり園 花便り はこちら


ふれいばぁ舟山 はこちら


ひだ道ガイドはこちら

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です