,

wikipediaには、「苧環(おだまき)とは、昔、カラムシ(苧)やアサ(麻)などの繊維を巻いた管のことで、距が伸びた花のようすが似ているためつけられたものであり、山に生えるのでヤマオダマキ(山苧環)という」と紹介されている。 ...

久々野,

久々野には珍しい緑色の花を咲かせる桜があります。



「御衣黃(ぎょいこう)」と呼ばれる桜。
引下地区で景観をよくしようと八重桜を植えたところそのうちの1本が御衣黃でした。 ...

久々野, ,

久々野は、春になると果樹園の桃が花咲き、あたりが一面ピンクに染まります。
その光景が、中国の故事の理想郷「桃源郷」を思わせることから「ひだ桃源郷」と呼ばれます。



例年、ゴ ...

久々野,

春ですね!
片籠地区のカタクリが見頃を迎えています。



朝早くは、花びらがまだ開いていませんが、お昼過ぎには花弁が反り返りまるで籠のようです。
片がった籠から昔はカ ...

久々野, ,

まるで小さな花火か金平糖!



そんなユニークな花を咲かせています。
その花の名前は「セリバオウレン」

葉の形がセリの葉に似ていることから名付けられています。 ...