囲炉裏

昨日は法事。
親父が、お寺の用事に出かけるということで代理出席。
おばあちゃんの生まれた家です。
その家のおじいちゃんの3回忌、おばあちゃんの35日。
なくなったおじいちゃんは、一過言持った方で、いわゆる頑固親父。
でも私たちにはとてもよくしてくれました。
きっと家のおばあちゃんのことがかわいくて仕方なかったからでしょう。
法事は、そのご自宅でされました。
昨年リフォームされたのですが、100年程前の雰囲気を生かしています。
画像
囲炉裏が設けられています。
今回のリフォームで新たに設けられました。
「前もここに囲炉裏あったんやな?」
かつてを懐かしむ話で盛り上がりました。
自在カギ、鉄瓶もこの家にあったものだそうです。
長さの調節も出来、鉄瓶の口から出る蒸気に和まされます。
囲炉裏で使われた炭は、なくなったおじいちゃんが作られたもの。
「この裏で炭をつくっとったんやさ」
「昔はどこでも炭焼き小屋があってな・・・・・」
懐かしい子どもの頃の話をしながら、囲炉裏端でくつろぐ。
なんて贅沢な時間。
画像
自在カギはこんな感じで釣られています。
いい雰囲気でした。
障子の格子をよく見ると「千鳥格子」
こんなところに昔の人は贅を凝らしたのですね。
おじいちゃん、おばあちゃんを懐かしむいい法事でした。

↓↓ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ(こちらをクリック)

ひだ道ガイドはこちら

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら

久々野, 日常

Posted by kuguno